2008年04月03日

静岡を大満喫♪

車(RV)さてさて、静岡の旅の続きです。

白糸の滝を後にして 向かった先は やっぱり 富士山!
静岡に来て 富士山に登らないなんて
東京に行って 東京タワーに上らないみたいなもんでしょ〜

お天気は 雨が降ったりやんだりだし
霧のようにガスっているし
きっと 上に行っても 綺麗な景色は拝めないだろうと思いながら

それでも、やっぱり、富士山でしょ〜
IMGP8109_16_1.jpg

思いっきりガスってきて 雨が雪に変わってきたけど
日本一の山」なんてのを見ちゃうと 5合目までは行ってみたくなるってもんですよねぇ

益々、視界は悪くなるけどIMGP8112_17_1.jpg

5合目まで13キロ・・・もう少しじゃ〜んるんるん

・・・・・・・・・・と 喜んでいたのもつかの間

がく〜(落胆した顔)ガーン

IMGP8114_18_1.jpg

4月末まで、スカイラインは通行禁止なんですってー

やーん! そんなの聞いてなーい!
誰か 知ってたら 教えてよぉ
(って、人のせいにしないで 自分で調べていけよなぁふらふら



        ところが Spaは

IMGP8119_20_1.JPG

Spaは 久しぶりの雪雪に 大喜び〜〜ダッシュ(走り出すさま)
IMG_0956_11_1.jpg だ〜れもいないし〜

車だって来ないから〜IMG_1019_17_1.JPG

富士山のスカイラインで 思いっきり 雪遊びー(長音記号1)
IMG_0988_14_1.JPG

と、転んでもタダでは起きないSpa家でした。


そういえば、今 秋葉原で 缶詰が 流行っているんですよねぇ
缶詰と言えば 昔 むか〜し。。。おとぎ話なほど昔
富士山の空気の缶詰」なんての 売ってませんでした?
あれ?? 富士山の空気じゃなかったかなぁ???


ま、それは ともかく
Spaと一緒に富士山に登りたい〜という夢は 叶ったような 叶わなかったような???
ただ、富士山って 遠くから見るから富士山であって
自分が 富士山に立っているときは
「これが富士山だぁ〜」って気は しないもんですねあせあせ(飛び散る汗)



富士山を後にして 向かった先は・・・やっぱり ここIMGP8143_22_1.jpg

盲導犬の里 富士ハーネス
IMGP8147_23_1.JPG
富士山をバックに建てられたこの施設は
とても広くて 清潔でIMGP8161_26_1.jpg
至れり尽くせりの施設でした。

中でもIMGP8166_30_1.jpg
この「経過観察室」ではIMGP8167_31_1.jpg
盲導犬が最期の時を迎えようとする時に
パピーウォーカーさんや ユーザーさん 引退後の飼い主さん・・・
その子に係わったすべての人が集まって 看取ってあげることのできるお部屋でした。

この部屋の存在を知ったとき、
盲導犬が どれほど愛されて一生を終えるのか・・・ということを
改めて 思いました。

IMGP8171_34_1.jpg この子達は 訓練生
明日の盲導犬になる子です!
頑張って!立派な盲導犬になってくださいね〜Hello




さぁ〜 そろそろ 帰り支度をしなくっちゃ・・・っと!

その前に 腹ごしらえ!


帰り道 高速のICに向かう国道沿いで見つけたIMGP8177_1_1.jpg

お蕎麦だって〜〜 うなぎだって〜IMGP8176_36_1.jpg

蕎麦・・・・美味しかったよ〜〜〜
本物のお蕎麦の味だった・・・exclamation
桜海老の天ぷらが サクサクで パリパリで・・・お勧めです。

店内は お座敷もあって 競技会帰りに大勢で立ち寄ってもOKです。

せっかくだから うな重も 注文してみましたら
「20分ほどかかりますけど よろしいですか?」と聞かれたので

お蕎麦を食べながら待てばいいや〜と 思っていたら

お店の奥から おばさんが 魚をすくう網を持って 出て行ったダッシュ(走り出すさま)

暫くすると 軍手をはめながら 板前風のおにいさんが 店の中に入ってきた?


うなぎ・・・20分待つって・・・?
あの 魚をすくう網は? 板前さんの軍手は?
 ??


出てきた「うな重」は 炭火で焼いてあって 柔らかくて ジュ〜シ〜
すっごく すっごく 美味しかったんです。

お勘定を済ませ、お店を出たら イケスを発見
中を覗くと ウナギさんが泳いでたあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)





と、そんなこんなの静岡の旅


静岡って 山があって 海があって 空気が透明で 土地が広くって
とにかく、広い 
とっても とっても 広〜〜いんです。
Spaパパがリタイヤしたあと、終の棲家にしたいなぁと思うくらい
とても素晴らしい所でした〜

ニックネーム Spaママ at 19:52| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする