2008年04月19日

あちらサイド

今日は あちらサイドに立って GCTのお手伝いをしてきました。

いつもは こちらサイドの受ける側ですが
あちらサイドに立つと、どの人にも合格して欲しいし
自分のミスで受験される方のミスに繋がってはいけないと思い

IMGP8193_1_1.jpg ←こういうのを付けると 益々、緊張感が高まります。


お手伝いの人には 交通費とお弁当が出ました〜

IMGP8198_1_1.jpg ボランティアかと思っていたので
お弁当が出たのはラッキ〜手(チョキ)


Spaが すれ違い犬として出動したのは 3回だけ。
その間 こんな小部屋でIMGP8206_1_1.jpg ず〜っと 待機です。

出動するのも緊張するけど 待つのも結構〜 しんどいものですねぇ。



 噂話の中には
GCTのスタッフから
あらぬ告げ口をされた・・・みたいな話を耳にしたことがありますが、

私が受けた印象では
どのスタッフも なんとか合格して欲しい!と思っている方ばかりで
音を立てないように気をつけたり
全員が同じ条件で受験できるように配慮したり・・・と
とても 気を配っておられたように思います。

Judgeの先生も、う〜〜〜ん顔(汗)と うなりたくなるような場面でも
それでも、一度目は注意だけにして・・・というように
寛大な(とも思える)ジャッジだと思いました。


今までは 自分の事で精一杯で 受ける側の事しか見ていませんでしたけど
こうやって、逆のサイドに立ってみて

昨年秋に GCT合格した時に
次の任務は 伝えることです」と言われた意味を
改めて 感じることが出来ました。


ニックネーム Spaママ at 23:57| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする