2008年08月31日

ピンポンダッシュ=3

ご心配いただいてた ナナねぇさんちのロクちゃんですが

無事に手術を終え。
峠と言われた夜も越えましたので ホッと一安心。

手術の詳細をナナねぇさんが言うと↓になります。

「直腸にできた腫瘍かと想定されてましたが、
避妊手術跡のカケラ?かな、そこからできた腫瘍でした。

なので腸を切りとる必要はありませんでした。

ただ、その根元がとても深いところにあったようで、
お腹からはどうにも届かなかったらしく、
肛門近くに2cmほど残ったみたいです。

2cmという大きさなので、
今のところ排泄に問題はありません!

その2cmがどういう速度で大きくなるのかは予測不可能で
おそらく、そう遠くないうちに
またもや腸を圧迫されるかな、、とのこち。

次回はお腹じゃなく、オシリ側から切開して
根元から切り取れそう、とのこちこち。


とにのかく、
一番心配だった骨盤を触ることなく、
腸も触ることなく、無事終わりました!

なので、当初入院は1週間と聞いていましたが、
1〜2日でお家に帰れるそうです。


手術は3時間に渡り、避妊手術の3倍の時間がかかりました。
血圧が下がってしまったので、
私が行った時は酸素室にコソっと横になってました。
触ってみると、冷たいような、ぬるいような体温でしたが、
24時間乗り越えたら、もう大丈夫とのことです。


取った腫瘍を見せてもらいましたが、
想像してたよりもチョビットでした。
かなり牛肉に近い感じでした(笑)。


ロクの一部、バイバイ!」


ということで・・・最高の結果が出て 本当によかったぁ〜〜Clap




そんな一夜が明けた朝は 台風一過を思わせるような青空で
とっても気持ちのよい朝散歩かわいい


こんな朝は いつもより 少し足を延ばしてみよう〜と歩いてましたら




「ママァ〜〜 ママァ〜〜〜 ごめんなさいぃぃ」と 泣き叫ぶ声が聞こえた。

住宅街の真ん中、窓を開けているから 叱られている声も聞こえるのね(クスッ)
と、思って・・・通り過ぎようとしたんだけれど

「ママァ〜〜 イタイぃ〜〜 イタイ・・・イタイ・・・・イタイ〜」

「もうしません〜〜 ゆるしてくださいぃ〜」

「ごめんなさいぃ〜〜 マァマァ〜〜〜」・・・・・と

3歳前後と思われる男の子の 悲鳴のような 懇願する泣き声が聞こえて
それと同時に

「なにゆーてんの! アンタは 何回ゆうたら わかるねんーー」

と 怒鳴り散らす母親の声がかぶってきた・・・がく〜(落胆した顔)



私は立ち去ることができなくなって、恐ろしいものを見るような気持ちで聞いていたけれど
その声が 止むことが無い。。。。どうしよう!

「ママァ〜〜〜 ママァ〜〜  ごめんなさいぃぃ〜」

頭の中には「幼児虐待」みたいなシーンが湧き上がってくる・・・
まさか、そんなこともないだろう・・・と思いながらも
幼い子がかわいそうで 我慢できなくなってきた。



家の前に立って・・・この家だと確認
暫く 悩んだけれど 幼児の声は まだ 続いている・・・



  るんるんピンポ〜ンるんるん


           ダッシュダッシュ(走り出すさま)  ダッシュ(走り出すさま)



母親の怒りをなんとか静めようと思って、チャイムを押した。
押したはイイけど 出て来られても 何も言えないので
Spaを引っ張って ダッシュ=3した

 (オイオイ顔(チラッ) ピンポンダッシュかい〜^^;;)

ニックネーム Spaママ at 11:14| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする